受賞者
第6回高木賞
第5回高木賞
第4回高木賞
第3回高木賞
第2回高木賞
第1回高木賞

第6回高木賞

氏名・所属/研究題名/研究概要 助成金額
酒井 貴史(大分大学 助教) 500万円
アトピー性皮膚炎患者に生じる炎症と骨異常の予防戦略開発:RANKLを標的として
近年、アトピー性皮膚炎(AD)患者における骨折リスクが判明し、特に重症AD患者でそのリスクがより高まる。高齢者の骨折は生命予後に直結するため、対応が求められるが、AD患者における骨折の機序は分かっていない。申請者は以前、炎症と骨恒常性に関するreceptor activator of nuclear factor kappa-B ligand(RANKL)に着目し、AD患者における血清RANKL濃度とAD重症度との間に正の相関があることを見いだした。さらに骨折歴があるAD患者では、血清RANKL濃度が高値であった。同所見はADの炎症、骨異常にRANKLが関与している可能性を示唆する。本研究では「RANKLはADの増悪因子か?」、「RANKL阻害はADの炎症、骨異常を改善するか?」、「血清RANKL濃度はADにおける骨異常を予測できるか?」という仮説を検証することで、新しい予防、治療戦略を構築する。
宮垣 朝光(聖マリアンナ医科大学 准教授) 500万円
皮膚T細胞リンパ腫の新規治療標的となる表面分子の探索
がん細胞は、自身が発現している表面分子を介して、がん細胞自身、腫瘍周囲のストローマ細胞、免疫担当細胞に働きかけ、増殖・転移促進、免疫細胞の機能抑制を誘導し、治療抵抗性となっていることが知られており、免疫チェックポイント阻害薬などの表面分子をターゲットとした治療の開発がさまざまな癌腫で進められている。皮膚T細胞リンパ腫は、初診の時点で皮膚以外の臓器に病変を認めない皮膚原発の悪性リンパ腫だが、同様の機構が存在することが幾つかの研究から分かっている。一方で、皮膚T細胞リンパ腫における免疫チェックポイント分子、共刺激分子を含めた表面分子の解析は十分ではなく、表面分子をターゲットとした治療の臨床応用も少数に限られており、効果も十分とは言えない。本研究では、皮膚T細胞リンパ腫の腫瘍細胞に発現している新たな表面分子を同定し、その機能解析を行い、新たな治療ターゲットを提案することを目的としている。
岩田 浩明(北海道大学病院 講師) 250万円
ヘイリーヘイリー病の病態解明とハプロ不全に着目した新規治療開発
ヘイリーヘイリー病(HHD)は、青年以降に発症し腋窩、鼠径部などの屈曲部にびらんを生じる常染色体優性遺伝を示す遺伝性皮膚疾患である。責任遺伝子ATP2C1は、細胞内のゴルジ体膜上に存在するカルシウムポンプをコードする。ハプロ不全のためタンパク不足による機能低下の結果、細胞内カルシウム濃度の調整機構の破綻が生じる。細胞内カルシウム濃度の異常上昇と疾患発症の関係はいまだ解明されておらず、有効な治療法もない。本研究では、遺伝子改変技術によりATP2C1変異細胞を樹立して網羅的遺伝子解析を行うことにより病態解明を試みる。またHHDの特徴である「ハプロ不全」と「皮膚疾患」という二点に着目し、「局所mRNA治療」という画期的な治療法の開発を目指し、新たな治療選択肢による患者QOLの改善を目標とする。
肥田 時征(札幌医科大学 講師) 250万円
カスタムシーケンスパネルとリキッドバイオプシーによる日本人メラノーマの個別化医療
メラノーマは予後の悪い悪性腫瘍であり治療法の開発が喫緊の課題である。日本人のメラノーマは末端型や粘膜型が多く、欧米の症例と臨床像が異なる。そのため日本人に特有の遺伝子異常の詳細情報が必要だが、日本ではこれまでに主要3遺伝子の変異頻度しか知られておらず、症例の約半数のドライバー変異が不明である。そこで我々はメラノーマで重要な95種類の遺伝子を低コストでシーケンスできるパネルを開発した。これまでに31例のシーケンスを実施し、今後は多施設共同研究で100例のデータを得る予定である。本研究の目的は、このパネルシーケンスにRNAシーケンス、全ゲノムシーケンスを組み合わせ、日本人メラノーマのゲノム異常の全貌を明らかにし、治療可能な患者を増やすことである。さらに、患者毎に個別化されたリキッドバイオプシーで血液循環腫瘍細胞をモニタリングすることで診断から治療までをゲノム情報に基づいて行う体制を構築したい。
三上 万理子(医療法人けいしん会理事長) 250万円
USA300 clone皮膚感染症の迅速診断システムの開発
近年、USA300 cloneと呼ばれる強毒型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による皮膚感染症の報告が増加している。当初、USA300 cloneの流行は市中の皮膚科外来患者で顕在化したが、最近では病院にも拡大していることが分かってきた。この要因として、市中の医療機関で治療できずに重症化した患者が、病院に入院するケースが増加していることが挙げられる。USA300 cloneの蔓延を阻止するためには、本菌による皮膚感染症を迅速に診断し、適切な治療や感染対策を早期に実施する必要がある。そこで本研究では、USA300 cloneに特異的な単一のバイオマーカーを解明し、検体の前処理から結果の判定まで1台で実施できるマイクロ流路PCRデバイスを開発する。さらに、本検査法の実用化を目指して、実臨床での実証実験を行う。
山上 淳(東京女子医科大学 准教授) 250万円
単一細胞解析と連動した天疱瘡の自己抗体産生機序の解明
本研究の目的は、天疱瘡の原因として重要な役割を果たすと考えられるデスモグレイン(Dsg)特異的B細胞について、患者から分離された単一細胞解析の結果をもとに、対応する臨床情報を統合して自己抗体産生機序を解明することである。これまでの単一細胞RNAシーケンス解析から、天疱瘡患者のDsg特異的B細胞では、B細胞の分化・活性化・増殖に関与する遺伝子の発現上昇が見られ、治療によって症状が安定した後は発現が低下することが観察された。この結果に基づいて、本研究では1)該当する因子について、血清・末梢血リンパ球・皮膚組織などの患者検体を用いて自己抗体産生機序との関連について検討する、2)難治例や再発例に着目して、治療への反応性を決定する因子の同定を試みる、といった計画を立てている。より正確な病勢評価および新たな治療標的の対象として、Dsg特異的B細胞を検討する方法およびその臨床的意義の確立をめざす。

第5回高木賞

氏名・所属/研究題名/研究概要 助成金額
新熊 悟(奈良県立医科大学 准教授) 500万円
復帰変異モザイクモデルマウスの作製と表皮細胞の増殖優位性獲得機序の解明
遺伝子治療は遺伝性皮膚疾患の根治的治療の有望な選択肢である。しかし、遺伝子治療した細胞の全身移植は、安全面やコスト面から実現困難である。もし遺伝子治療した細胞に周囲に対する増殖優位性を獲得させることで、治療細胞が生体内で自律的に増殖し広範囲に拡大することができれば、最小限の移植で効果を広範囲に波及することが可能になる。近年、様々な遺伝性皮膚疾患で後天的に一部の皮膚の遺伝子が正常化する復帰変異モザイクが生じることが明らかになり、我々はこの現象を応用した再生医療を開発した。興味深いことに、表皮水疱症の復帰変異モザイクの面積は他の疾患に比し極めて大きく、表皮水疱症の復帰変異モザイクは増殖優位性を獲得していることが示唆される。そこで、本研究では、復帰変異モザイクを有する表皮水疱症モデルマウスを世界で初めて作製し、表皮細胞の増殖優位性の獲得における上皮-間葉転換の役割を明らかにする。
清水 晶(群馬大学附属病院 講師) 250万円
皮膚悪性腫瘍関連Human papillomavirus検出キットの開発
ヒト乳頭腫ウイルス(Human papillomavirus,HPV)は子宮頸癌を始めとして中咽頭癌、外陰癌、肛門癌の原因でもある。皮膚科領域でも爪部有棘細胞癌、外陰癌、疣贅、コンジローマなどHPVで生じる疾患は多く、HPVタイピングは診断に有用である。申請者は400以上のHPVタイピングに従事してきたが、PCRによるHPVタイピングは組織からのDNA抽出などステップが多く、実施可能な施設は限られていた。本研究では、イムノクロマト法を用いた皮膚悪性腫瘍におけるHPV感染を同定する簡便な検出キットの開発を行う。本研究ではキットに用いる粘膜悪性型HPVに対する抗体作成、キットの試作、実際の皮膚腫瘍を用いた臨床試験を予定している。特に爪部HPV陽性皮膚腫瘍などが性行為を通じてHPV関連内臓癌の原因となる可能性もあり、簡便なキットの開発はHPV関連癌の早期発見と粘膜悪性型HPV感染拡大予防に役立つ。
大日 輝記(香川大学 教授) 250万円
円形脱毛症の上皮‐免疫微小環境(EIME)
円形脱毛症は毛包を標的とする自己免疫性疾患と考えられており、患者の人生の質を著しく損なう。ステロイドの局所注射や局所免疫療法が適用されているが大きな進歩がない。JAK阻害薬が効果を上げることが知られるものの安全性に課題が残る。患部の毛包上皮では、クラスⅠ分子や各種のNKG2Dリガンドの発現が促進し「免疫寛容」が破たんしていること、毛球部にCD8NKG2Dリンパ球が浸潤していることが報告されている。しかしながら、なぜ、どのような細胞内シグナルを介して毛包上皮のクラスⅠ分子や各種のNKG2Dリガンドの発現が促進して免疫寛容の破たんにいたるのか、CD8NKG2Dリンパ球はなぜ毛球部に遊走し、免疫寛容の破たんの「ループ」が伝播し「円形の」脱毛となるのかは十分明らかにされていない。本研究課題では、主に多重免疫染色の手法を用いて、円形脱毛症の上皮-免疫微小環境(EIME)を明らかにすることで新たな治療標的を提案する。
千貫 祐子(島根大学 准教授) 250万円
成人小麦アレルギー疾患感受性遺伝子に関する簡易検査法の開発と発症予防法の確立
これまでに申請者らは、成人小麦アレルギー患者の血清を用いて小麦アレルゲンの解析を行い、主要なアレルゲンがω-5グリアジンであることを明らかにした。今回、77人の成人小麦アレルギー患者について、全ゲノムの約66万箇所のSNPの情報を取得して、日本人コントロールデータと比較した。その結果、HLA領域に有意なSNPがみられたため、HLA8遺伝子を精査し、HLA-〇〇〇〇*〇〇:〇〇を関連候補マーカーとして同定し、次世代シークエンサーを用いてこのマーカーが正しいことを確認した(論文作成中)。今回、申請者らは、この結果に基づきLAMP法による簡便な疾患感受性遺伝子検出法の開発を行い、これまでに申請者らが開発したω-5グリアジン欠失1BS-18小麦系統を用いて小麦アレルギー発症予防法の確立を行う。
中村 元樹(名古屋市立大学大学院 講師) 250万円
メルケル細胞癌における腫瘍のG6PD発現と免疫活性に基づいた免疫チェックポイント阻害薬効果予測
我々は多施設より集積したメルケル細胞癌標本の次世代シーケンサー解析により、グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)が腫瘍の免疫状態を表すマーカーとして有用であることを発見した。本研究課題では、G6PDによる腫瘍の免疫活性の評価が、免疫チェックポイント阻害薬治療の効果予測マーカーとして有用であるかを、実際に免疫チェックポイント限害薬で治療を行っているメルケル細胞癌患者の病理検体、血液検体を集積し、解析を行う。また他の免疫学的な因子についても、レスポンダーとノンレスポンダーの組織から抽出したRNAによるシーケンスにより、新たなバイオマーカーの発見を目指す。免疫チェックポイント阻害薬の適応は拡大しており、本研究で発見されるバイオマーカーは、メルケル細胞癌に限らず、悪性黒色腫をはじめとした広く多様な癌腫の治療効果予測に応用することができるだろう。
本田 哲也(浜松医科大学 教授) 250万円
組織常在型記憶T細胞の包括的機能理解を切り口とした慢性炎症性皮膚疾患病態解明と革新的治療戦略
組織常在型記憶T細胞(レジデントメモリーT細胞:TRM)は、組織に長期間生存・常駐するメモリーT細胞の一種である。近年、その過剰な活性化が種々の炎症性疾患の慢性化・再発に大きく関与している可能性が示唆されている。皮膚においても、TRMはアトピー性皮膚炎、乾癬などをはじめとする様々な慢性炎症性皮膚疾患にて病態形成への関与が疑われている。しかし、その活性調節・生存維持機構にはいまだ不明な点が多い。本研究では、独自に開発したヒト皮膚TRMの抽出法をもとに、各種ヒト慢性炎症性皮膚疾患における皮膚TRMのトランスクリプトーム解析、メタボローム解析等を行い、炎症性皮膚疾患における皮膚TRMのプロファイリング、TRMの活性化・生存維持機構を明らかとし、慢性炎症性皮膚疾患の再発機構の解明および画期的治療薬開発の基盤形成を目的とする。
皆川 茜(信州大学 助教) 250万円
早期爪部メラノーマ診断における爪片中メラニン代謝物質のバイオマーカー検証
爪甲色素線条の多くは色素細胞母斑(ほくろ)などの良性疾患によるものだが、稀に爪部メラノーマ(悪性黒色腫)のことがある。これらを視診のみで確実に鑑別することは、皮膚科専門医であっても容易でない。しかし、確定診断のための病理検査は侵襲性が高く、検査を躊躇しているあいだに早期メラノーマの診断機会を逸することがある。そのため、病理検査を行うべき爪甲色素線条症例を、適切かつ効率的にピックアップするための、非侵襲的検査法の確立が望まれている。私は、非侵襲的に採取した爪片中のメラニン関連物質を測定し、爪部メラノーマのバイオマーカーとする新規方法を考案した。本研究では、複数の医療機関から前向きに症例を集積し、設定済みのカットオフ値を用いて爪片中メラニン関連物質の診断バイオマーカーとしての実用性を検証する。

第4回高木賞

氏名・所属/研究題名/研究概要 助成金額
乃村 俊史(北海道大学大学院 講師) 500万円
長島型掌蹠角化症に対する新規治療法の開発と変異SERPINB7 mRNA分解機構の解明
長島型掌蹠角化症は、SERPINB7の機能喪失変異により発症する常染色体劣性遺伝性疾患である。興味深いことに、患者の90%以上はナンセンス変異c.796C>T(p.Arg266Ter)を持つ。申請者は先行研究において、ゲンタマイシン硫酸塩がこの変異を読み飛ばし(readthrough、リードスルー)、完全長のSERPINB7産生を促すことを報告したが、臨床試験での薬効は限定的であった。
これは、ゲンタマイシン硫酸塩のリードスルー効果が弱いことと、リードスルーの材料となる変異SERPINB7mRNAが分解により減少していることに起因する。そこで本研究では、長島型掌蹠角化症に対するリードスルー治療をより具現化するために、①さらにリードスルー活性の高い化合物を同定すること、②この変異を持つSERPINB7mRNAの分解機構を決定し同mRNAを増加させる方法を確立すること、の2点を目指す。
山中 恵一(三重大学大学院 教授) 500万円
重症皮膚炎に随伴する内臓臓器障害の病態解明と治療法の検討
尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎等の慢性皮膚疾患では皮膚局所から産生されるサイトカインが局所の炎症の憎悪と遷延化に関与するのみならず、内臓臓器に甚大な影響を及ぼす。我々は自然発症皮膚炎モデルマウスを用いて、皮膚炎症病巣部から産生される炎症性サイトカインにより内臓臓器に影響をもたらす可能性や(PLoS One,2014)、心脳血管病変にも関与することを証明し、”Inflammatory Skin March”という新規の概念を提唱した。(JACI,2015)。更にはPET解析を行い持続的な皮膚炎症が脳機能の低下にまで至る可能性があるという報告も行った(JID,2018)。本研究では慢性皮膚疾患に続発するとされる動脈硬化症を媒介する蛋白や主因となる炎症性サイトカインの同定や、炎症に随伴する骨粗しょう症の成因、消化管アミロイドーシスの病態を解明すると共に、乾癬性関節炎の成因についても迫る。
渡辺 玲(筑波大学 講師) 500万円
皮膚T細胞の脂肪酸代謝に着目した皮膚免疫老化予防策の開発
本研究は、脂肪酸が皮膚T細胞に及ぼす影響に着目し、高齢者における皮膚免疫低下の予防策を考案することを目的とする。ヒト皮膚には長期間皮膚に定着するresident memory T 細胞(TRM)が存在し、循環中と異なる固有のT細胞叢が作られる。高齢者皮膚T細胞は、細胞のレベルでは血中と異なり高い抗原応答能を維持している一方、皮膚、肺を始めバリア組織をエントリーとする全身性感染症は高齢者で多く、T細胞の機能発揮を妨げるような微小環境が高齢者皮膚に構築されることが想定される。TRMは脂肪酸代謝を積極的に行うことで末梢組織での長期生存を可能とし、またT細胞の免疫応答能が脂肪酸に影響を受けることから、皮膚脂肪酸組成の観点から、皮膚T細胞が効率的に免疫応答を発揮できる環境を見出したい。
成果を高齢者における有効な疾患予防策につなげ、さらに、皮膚の知見を他臓器に応用することを見込みたい。
武市 拓也(名古屋大学 講師) 250万円
自己炎症性角化症の病態解明と治療法の確立
自己炎症性発症機序を有する一連の炎症性角化症を包括する概念が、「自己炎症性角化症 (autoinflammatory keratinization diseases: AiKD)」である。AiKDとして、CARD14遺伝子の機能獲得バリアントやIL36RN遺伝子の機能喪失変異を発症因子として有する汎発性膿疱性乾癬をはじめとした乾癬とその類症、CARD14遺伝子の機能獲得変異による毛孔性紅色粃糠疹V型、NLRP1遺伝子変異を病因とするfamilial keratosis lichenoides chronica、γセクレターゼ遺伝子変異を原因遺伝子とする化膿性汗腺炎等が認知されている。
AiKDの患者は、生涯に渡って、皮疹や掻痒、掌蹠の亀裂による疼痛に悩まされるが、未だに有効な治療法は確立されていない。本研究ではAiKDの包括的病態解明を目指し、さらに新規オーダーメイド治療に直結する基礎的データを得ることを目的とする。
森実 真(岡山大学大学院 教授) 250万円
メラノーマに対するがん神経医療の開発
メラノーマは色素細胞(メラノサイト)の癌化により生じる、非常に予後の悪い疾患である。
近年、進行期メラノーマの治療は免疫チェックポイント阻害薬の抗PD-1抗体および抗CTLA-4抗体や、分子標的薬のBRAF・MEK阻害剤による個別化医療が展開されているが、より安全に、効果的に、適正使用してゆくための課題がまだ多数存在する。2015年に岡山大学病院は全国初のメラノーマセンターを開設した。開設後、新患患者数、入院患者数、手術患者数は徐々に増加している。一方、岡山大学細胞生理学分野研究チームは神経がヒト乳がん組織に入り込み、生命予後を憎悪させ得ることを示すと共に、ウィルスベクターをがん組織に局所注射し、がん組織に分布する局所神経の機能を操作(刺激・除去等)する技術(局所神経エンジニアリング、特許)を開発し、実際に動物モデルで乳がんの進展や転移を抑制した(Nat Neurosci. 2019;22(8):1289-1305)。そこで本研究ではメラノーマを対象に、がん組織に分布する神経を操作してがんを抑制するがん神経医療の基礎技術を開発する。  

第3回高木賞

氏名・所属/研究題名/研究概要 助成金額
久保 亮治(慶應義塾大学 准教授) 500万円
長島型掌蹠角化症の病態解明と治療法開発
日本人の約1万人、アジア人の数十万人が罹患する長島型掌蹠角化症の病態を解明し、治療法を開発することを目的に研究を行う。我々が同定した本症の原因遺伝子SERPINB7のノックアウトマウスでは、本症は再現されなかった。
そこで本症の病態解明のため、患者サンプルを材料とした以下の解析を行う。

1.患者手足の細菌叢解析を行い、悪臭の原因となる菌を同定し治療ターゲットとする。

2.患者手足角質のプロテオミクス解析により、治療ターゲットとなり得るシグナル経路異常を探索するとともに、患者手足で活性過剰化したプロテアーゼと過剰分解された基質を探索し、分子病態の解明を目指す。

3.SERPINB7欠損により活性化するシグナル経路をin vitroで解析するために、ヒトの手足皮膚を再現する表皮オルガノイドの作成に挑戦する。

松下 貴史(金沢大学 講師) 500万円
全身性強皮症におけるB細胞を標的とした新規治療法の開発
全身性強皮症の病態にはB細胞が強く関与しており治療標的と考えられている。しかしながらB細胞は均一な細胞集団ではなく、相反する2つのサブセットが存在することが近年明らかとなった。すなわちEffector B 細胞はIL-6産生を介して強皮症の病態を促進し、反対にRegulatory B細胞はIL-10産生を介して抑制する。よって強皮症において全てのB細胞を除去するよりも、Regulatory B細胞を温存しEffector B細胞のみを除去する選択的B細胞除去療法がより有効である可能性が示唆される。本研究では各B細胞の網羅的遺伝子解析ならびにシグナル伝達解析を行い、選択的B細胞除去療法の開発を目指す。
浅井 純(京都府立医科大学大学院 講師) 250万円
がんオルガノイドを用いた皮膚悪性腫瘍細胞株の樹立と新規治療法の開発
本邦において、皮膚悪性腫瘍の多くは希少がんであるため、新規治療法開発を目的とした臨床治験を行うことが困難であり、進行期における標準的治療が確立されていない。また悪性黒色腫を除くと多くの皮膚悪性腫瘍が細胞株さえ樹立されておらず、基礎研究を行うこともままならない状況である。そこで本研究では、がんオルガノイドという新しい三次元培養技術を用いて、今まで極めて困難とされてきた皮膚悪性腫瘍の細胞株樹立を目指す。そして樹立したがんオルガノイドを用いて、遺伝子解析、薬剤感受性試験による有効な薬剤の抽出、新規治療薬の開発等を行う予定である。また、免疫不全マウスへのがんオルガノイド移植による担癌マウスの作成や三次元培養皮膚を用いたin vitroがん浸潤モデルの作成についても検討し、皮膚悪性腫瘍の転移や浸潤メカニズムの解明を目指す。
伊藤 泰介(浜松医科大学 病院准教授) 250万円
抗NKG2D抗体を用いた円形脱毛症に対する新規治療法の開発
NKG2DはCD8+T細胞やNK細胞、T細胞に発現しており、ターゲット細胞に発現しているMHCクラスI関連A鎖およびB鎖タンパク質 MICA/BやULBP1-6(ヒト)、H60(マウス)をリガンドとして活性化する。円形脱毛症は、MICA/BなどのNKG2D ligandを発現する表皮細胞がMHC class Iを介して提示する毛包自己抗原に対するNKG2D+CD8+T細胞の自己免疫反応である。
よってT細胞上のNKG2Dや上皮細胞に発現するMICA/B発現、もしくは可溶性MICA/Bを制御することが円形脱毛症の治療選択肢として期待される。またバイオマーカーとして可溶性MICA/Bを捉えることも可能かもしれない。今回、円形脱毛症モデルマウス(C3H/HeJ)におけるNKG2D分子の円形脱毛症の病態形成への重要性を探りながら治療へのつながりを検討していくことに大いなる研究の意義があると考えている。
氏家 英之(北海道大学病院 講師) 250万円
加齢に着目した新たな自己抗体産生機序の解明
自己免疫疾患の発症機転、すなわち免疫自己寛容が破綻する機序は未だ大部分が不明である。考えられる機序の一つとして、加齢に伴う免疫系の変化すなわち「免疫老化」が挙げられる。水疱性類天疱瘡(BP)は、高齢者に好発する皮膚科領域の代表的な自己免疫性水疱症である。近年、高齢マウスに出現するCD11b/c陽性のB細胞サブセットが抗核抗体などの自己抗体産生に寄与することが明らかになってきた。しかし、このB細胞サブセットの臓器特異的自己抗体産生への関与は不明である。最近、制御性T細胞(Treg)の機能不全がBP自己抗体の産生を誘導することも明らかになってきた。そこで本研究では、野生型の高齢マウスやTreg欠損マウスおよびBP患者におけるCD11b/c陽性B細胞サブセットの機能解析を行う。
吉崎 歩(東京大学大学院 講師) 250万円
医工連携研究によって開発された微量タンパク解析技術による強皮症における自己抗原特異的B細胞の解析と新規治療ターゲットの同定
近年の研究により、B細胞は抗体産生のみならず多彩な機能を持つことが明らかとなってきた。自己免疫疾患においてもB細胞は重要な役割を担うことが示唆されている。全身性強皮症(SSc)は皮膚科領域における代表的な全身性自己免疫疾患であるが、有効な治療法がないため、患者のQOLは著しく障害されており、病態の解明と新たな治療法の開発が急務である。他の自己免疫疾患と同様、SScにおいても症状が明らかとなる前から疾患特異的な自己抗体が出現することから、その産生に与る自己抗原反応性B細胞は病態形成において重要な役割を担っていると考えられている。しかしながら、自己抗原反応性B細胞は生体内に僅かしか存在しておらず、従来の技術では直接的な解析が困難であった。本研究では、医工連携研究によって実現した微量タンパク分析を用い、SScにおける自己抗原反応性B細胞の機能を明らかとし、SScの病因解明と、新たな治療ターゲットの同定を目的とする。

第2回高木賞

氏名・所属/研究題名/研究概要 助成金額
神人 正寿(和歌山県立医科大学 教授) 500万円
皮膚腫瘍における融合遺伝子の同定とその臨床応用
悪性黒色腫やパジェット病などの上皮系腫瘍、悪性リンパ腫や悪性末梢神経鞘腫瘍などの間葉系腫瘍、さらには脂腺癌などの付属器腫瘍に代表されるような、現代の実験科学の発達にも関わらずいまだ特異的な遺伝子異常が同定されていない皮膚腫瘍においては、通常の変異とは異なる、融合遺伝子が関与している可能性がある。
これらの病変における融合遺伝子の同定を進める本研究は、様々な皮膚腫瘍における病態の解明のみならず、診断・治療の面でも臨床医学へのインパクトを有すると考えている。例えば、それぞれの腫瘍に特異的な融合遺伝子が同定できれば早期の確定診断に有用で、また各腫瘍においても融合遺伝子を阻害することができれば、特異的で侵襲や副作用の少ない全く新しい治療戦略となりえる。
杉浦 一充(藤田保健衛生大学 教授) 500万円
膿疱性乾癬の革新的治療法の開発
研究代表者らはIL-36Ra欠損マウスにToll様受容体4(TLR4)のリガンドであるリポ多糖を皮下注することで発症するGPPモデルマウスを開発し特許出願した(Shibata A, Sugiura K, et al. J Autoimmun 2017)(関節症性乾癬モデル動物及び膿疱性乾癬モデル動物(特開2017-55680))。さらにTLR7のリガンドであるイミキモド塗布でもGPPと類似の病態を作成することに成功した。以上、2種類のマウスモデルを有している。GPPに対しては、様々な生物学的製剤が使用されているが、より病因に基づいた、あるいはより安価な治療法の開発が望まれている。本研究では、IL-36Ra欠損によるGPPの革新的治療法の開発に直結する基礎的データを得ることを目的とする。
河野 通良(東京歯科大学市川総合病院 講師) 250万円
日本人掌蹠膿疱症患者の口腔マイクロバイオーム解析データの蓄積
掌蹠膿疱症は手掌、足底に無菌性膿疱を生じる炎症性皮膚疾患であり、口腔内の病巣感染が関与すると考えられている。本研究では掌蹠膿疱症患者の口腔マイクロバイオーム解析を行う。12名の患者と10名の健常コントロールの唾液の細菌叢を解析した予備実験では、患者において口腔マイクロバイオームの変化が認められた。これまで腸管を中心としたマイクロバイオーム研究により各国で蓄積されたデータから、ヒト常在細菌叢は国、地域によって異なり、海外の研究データを日本人の研究には適用できないことがわかってきた。掌蹠膿疱症は日本人に多く見られる疾患であり、日本人掌蹠膿疱症患者の口腔マイクロバイオーム解析データの蓄積は大きな意義を持つ。本研究では、掌蹠膿疱症研究を行っている病院、大学と共同研究を行い、200~300例の患者検体を解析し、日本人掌蹠膿疱症患者の口腔マイクロバイオーム解析データの蓄積を目指す。
夏賀 健(北海道大学病院 講師) 250万円
皮膚を始点としたロコモティブシンドローム予防策の開発
人間は、1歳前後から老年に至るまで歩行を継続する生物である。ロコモティブシンドロームは、歩行障害を契機として寝たきりになりやすい状態を総称し、主に加齢に伴った筋肉や骨の異常が関わるとされる。しかしながら、歩行を規定する足底という荷重部皮膚は見過ごされてきた。足底では、鶏眼(けいがん、ウオノメ)や胼胝(べんち、タコ)といった皮膚障害の出現が歩行の妨げとなり、ロコモティブシンドロームの嚆矢となる。本研究は、足底表皮機能異常の病態解明のために疾患モデルを作成し、ロコモティブシンドロームの予防へとつなげることを目的としている。
藤澤 康弘(臨床と基礎の融合を目指した皮膚腫瘍研究会、筑波大学 講師) 250万円
タキサン系抗癌剤無効の皮膚血管肉腫を対象とした微小管阻害剤であるエリブリンの効果を評価する前向き観察研究
現在血管肉腫治療におけるキードラッグとなっているタキサン系抗がん剤は、薬剤抵抗例や末梢神経障害による投薬の中断・中止等の問題が出ている。そこで、タキサン系と同様に微小管重合を阻害することで薬効を発揮するが、微小管への結合機序が異なるエリブリンが有効であるかを検討する臨床研究を計画した。少数例の検討ではあるがタキサン抵抗例でエリブリンが奏効した症例が出ており、また国内第2相試験の結果では末梢神経障害の発生率はパクリタキセルと比較して半分以下とされることから、有効性が証明されれば今後の治療が大きく変わる可能性がある。すでに臨床研究のエントリーは開始しており、統計学的に必要とされる目標症例数35症例に向けて登録作業を進めている。平成30年末までには目標症例数のエントリーを終了し、平成31年末までに奏効率や予後の検討および付随研究の結果を公表出来る様に参加施設一同、鋭意努力している。
茂木 精一郎(群馬大学大学院医学系研究科 准教授) 250万円
間葉系幹細胞由来エクソソームを用いた褥瘡の発症を予防する新規治療法の開発
褥瘡は皮膚潰瘍が生じる前の「急性期褥瘡」と生じた後の「慢性期褥瘡」に分類される。褥瘡の発生直後は紅斑や紫斑を呈するが、組織壊死が進行し皮膚潰瘍が出現するまでには1~3週間かかり、この時期を「急性期褥瘡」と呼ぶ。急性期褥瘡を発見した時点では減圧・除圧以外に効果的なエビデンスのある治療法は確立されていない。この急性期褥瘡の機序を明らかにし、組織障害の進行を防ぐ治療法を開発できれば、その後の潰瘍の発生、拡大を防ぐことができる画期的な治療・予防が期待できる。
我々は、皮膚虚血再還流障害によって皮膚潰瘍が生じる「急性期褥瘡モデルマウス」を用いて褥瘡の病態解明と新たな治療法の開発を目指した研究を行っている。
我々は、間葉系幹細胞(MSC)の皮下投与によって急性期褥瘡部位に生じる血管傷害や低酸素による酸化ストレス、小胞体ストレスが抑制され、皮膚潰瘍の形成が抑制されることを明らかにした。そこで、次にMSCから分泌されるエクソソームに注目し、急性期褥瘡に対するMSC由来エクソソームの治療効果について検討し、機序を解明したい。

第1回高木賞

氏名・所属 助成金額
研究題名
浅野 善英(東京大学大学院医学系研究科 准教授) 500万円
新規強皮症モデルマウスを用いた皮膚線維化におけるB細胞/マクロファージ軸の役割に関する解析
西江 渉(北海道大学大学院医学研究科 准教授) 500万円
大規模住民コホートを用いた類天疱瘡発症関連因子の探索
小川 靖(名古屋大学大学院医学系研究科 助教) 250万円
遺伝性角化異常症に対する新しい細胞医薬創出を目的とした復帰突然変異の人為的制御技術の開発
常深 祐一郎(東京女子医科大学 准教授) 250万円
皮膚病変画像の高い再現性を備え携帯型端末で簡便に運用できる高齢者施設皮膚疾患遠隔コンサルテーションシステムの開発
峠岡 理沙(京都府立医科大学大学院医学研究科 助教) 250万円
アトピー性皮膚炎におけるToll様受容体3が果たす役割の解明とそれに基づく新規治療法の開発
室田 浩之(大阪大学大学院医学系研究科 准教授) 250万円
発汗による皮膚の自律機能調節機構と無汗症の病態解明

ページの先頭へ戻る